なぜ、節税をしたいのですか?

客:税金安くしたいんだけど

私:なるほど。ところで、なぜ、税金を安くしたいんですか?

客:はあ!?そんなの聞くまでもないだろ!?(怒)

税金なんて、安ければ安いほどいい。
そんなことは、当たり前です。

でも、私は、節税について相談を受けた場合には、「必ず」、上のような質問をすることにしています。

それは、あなたが本当にやりたいことは「税金を減らすこと」ではないと思っているからです。

あなたが本当にやりたいことは、

自由に使えるお金を増やすこと

ですよね?


自分が自由に使えるお金を増やすために、節税したい!

これが、あなたを含め多くの人が節税をしたい、と思う目的だと思います。

ところが、何も考えずに節税をしてしまうと、自分が自由に使えるお金が減ってしまうんです。

節税貧乏

税金は減るけれど、自分が自由に使えるお金も減ってしまう、という典型的な例が、利益が出そうだから、経費を使おう!というやつです。


例えば、会社で利益が、500万円見込まれているとしましょう。
税率30%とすると、このままだと税金を150万円払わないといけません。
その結果、何もしなければ、差引350万円があなたの手元に残るお金になります。

利益 500万円
税金 △150万円
差引 350万円

ここで、どうせ、税金を払うくらいなら、200万円経費を増やしてしまえ!ということで、経費を200万円使ったとしましょう。

利益 300万円(=当初の利益500万円-追加経費200万円)
税金 △90万円 
差引 210万円 

税金は確かに150万円から90万円へと60万円減りました。
でも、あなたの手元に残るお金も350万円から210万円へと減ってしまいました

節税貧乏にならないためにはどうすればいいのか?

なぜ、こんなことになるのか?

「節税を目的にして」行動をしているからです。

あなたの目的は、「自分で自由に使えるお金を増やす」ことですよね?「節税」が目的ではないはずです。

それなのに、いつのまにか、節税を目的に行動をしてしまっている。

その結果、もちろん税金は減るのですが、税金以外の経費が、税金以上に増えてしまい、結果として手元にお金が残らなくなり、自分で自由に使えるお金もなくなってしまう

第三者として見ていると、とても滑稽なのですが、本人は全然気づいていない、なんてケースはとても多いです。


結果的にあなたの手元からお金が減ってしまう「ダメな節税」は、もう止めにしませんか?

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

こんな節税はダメ節税 目次
初心者によく相談されるが、全然意味のない節税策
税金は減るが、あなたの手元のお金はもっと減ってしまうダメ節税策
本当に意味があるの?微妙な節税策
@節税コラム 一覧

メニュー
初心者にありがちな発想ですが税金は全く減りません
税金は減るが、あなたの手元のお金はもっと減ってしまうダメ節税策
本当に意味があるの?微妙な節税策
節税コラム
相互リンク集