@節税 >家賃を1年分前払いをする節税は効果があるのか?

家賃を1年前払いすると節税にはなる。だが・・

家賃を1年前払いすることで、税金を安くしましょう、という話は、あちらこちらで紹介されていますし、税理士でも節税の1手段として使っている人が多いです。

でも、その効果はあるのでしょうか?

結論からいうと、下記のとおり「メリットは(ほとんど)ない一方でデメリットだけがある」節税手法です。

  • 税金は減るが、手元に残るお金はそれほど変わらない
  • 大家さんが倒産した場合や、引っ越したくなった場合に支払済みのお金が返金されないリスクがある

ですので、私は、この節税手法をするべきではない、と思っています。

家賃を1年前払いすることで得られる節税額は?

例えば、12月決算の会社で、毎月の家賃を100,000円としましょう。

そして2010年12月に利益が出過ぎた!といって、向こう1年分の1,200,000円の家賃を払った。

この場合の節税額はいくらになるでしょうか?


本来ならば、毎月100,000円×12ヶ月=1,200,000円の家賃であったのが

前払い後は、毎月100,000円×11ヶ月+1,200,000円(12月の納付分)=2,300,000円の家賃計上ができます。

経費が、2,300,000円-1,200,000円=1,100,000円増えています。

様々な税金合算で税率を40%程度とすると、2011年2月の税金納付時の法人税等は、1,100,000円×40%(法人税等の合計税率)=440,000円減少します。

なんだか、得した気分ですね?

家賃を1年前払いするとお金は増えるのか?

でも、問題はここからです。

確かに、税金は減っています。

でも、家賃を前倒しで支払っているのですから、その分、手元のお金は減っていますよね?

税金が下がる効果と、家賃を前倒しで支払ったのとの差引で、果たして得をしているのでしょうか?


まず、家賃を前倒しで払った場合の入出金をみて見ましょう。

2010年12月
家賃支払1,200,000円
2011年2月
節税による税金支払減 △440,000円
2011年12月
家賃支払1,100,000円
2012年2月
何もなし(※2年目以降は節税効果0円のため

次に、家賃を毎月払っていった場合の推移です。

2010年12月
家賃支払 100,000円
2011年1月
家賃支払 100,000円
2011年2月
家賃支払 100,000円 ※節税効果は0円
2011年3月~2011年1月
家賃支払 100,000円(毎月)
2012年2月
家賃支払 100,000円 ※節税効果は0円
2012年3月~
家賃支払 100,000円(毎月)

家賃を1年前払いしても、お金が増えるわけではない

さて、それでは、上の結果を表にして並べてみましょう。

上の支払スケジュールに基づき、支払額の累計を表にまとめると、次のようになります。

12ヶ月前払時(A)
支払額累計
毎月支払時(B)
支払額累計
差額(C)=(A)-(B)
2010年12月1,200,000円100,000円1,100,000円
2011年1月1,200,000円200,000円1,000,000円
2011年2月760,000円300,000円460,000円
2011年3月760,000円400,000円360,000円
2011年4月760,000円500,000円260,000円
2011年5月760,000円600,000円160,000円
2011年6月760,000円700,000円60,000円
2011年7月760,000円800,000円△40,000円
2011年8月760,000円900,000円△140,000円
2011年9月760,000円1,000,000円△240,000円
2011年10月760,000円1,100,000円△340,000円
2011年11月760,000円1,200,000円△440,000円
2011年12月1,960,000円1,300,000円660,000円
2012年1月1,960,000円1,400,000円560,000円
2012年2月1,960,000円1,500,000円460,000円
2012年3月1,960,000円1,600,000円360,000円
2012年4月1,960,000円1,700,000円260,000円
2012年5月1,960,000円1,800,000円160,000円
2012年6月1,960,000円1,900,000円60,000円
2012年7月以降省略省略前年同月と同額

以上の表からわかることは、次の通りです。

  1. 家賃を一括前払いしたほうが、現金残高が多くなるのは、毎年7月~11月の5ヶ月間だけ(※差額欄が赤字になっている部分です)。
  2. その他の月(12月と1月~6月)については、家賃を一括前払いをしてしまうと、かえって自由に使えるお金が減ってしまう

つまり、家賃を一括で1年分前払いしたとしても、「資金負担が少なくなるわけではない」ということです。むしろ、資金負担が増えてしまう月のほうが多いのです。

家賃を一括前払いすることにより新たに抱えるリスク

家賃を一括前払いすることにより、新たに抱えるリスク要因もあります。

例えば、1年分前払いしたけど、3ヶ月目で移転したくなった、という場合。

すでに払った分のお金を取り戻せる契約になっているのかどうか?

取り戻せる契約になっていなければ、9ヶ月分の家賃がムダになってしまいます

また、お金を取り戻せる契約になっていたとしても、大家さんに返せるお金がなければ、お金を取り戻すことはできません
※最近は、こういう大家さんは意外に多いようです

その場合には、引越をしたくても、そのオフィスに留まるしか選択肢がなくなってしまうおそれがあります。


節税としてもイマイチな上にリスクを抱えたいですか?

上で書いたとおり、(少なくとも短期的には)この節税手法は意味がないことが大半です

その上、事務所を自由に移転できなくなるおそれが生じるのです。


ですので、私は、この節税手法は、おすすめしません。

こんな節税はダメ節税 目次
初心者によく相談されるが、全然意味のない節税策
税金は減るが、あなたの手元のお金はもっと減ってしまうダメ節税策
本当に意味があるの?微妙な節税策
お問い合わせ

お問い合わせはこちら


メニュー
初心者にありがちな発想ですが税金は全く減りません
税金は減るが、あなたの手元のお金はもっと減ってしまうダメ節税策
本当に意味があるの?微妙な節税策
節税コラム
[an error occurred while processing this directive]