@節税 >ダメな節税-交際費を増やす節税

税金を減らすために取引先と豪遊。でも・・

期末が近づいてきた。

利益が出そうだ。

どうせ、税金を払うくらいなら、取引先とおいしいものを食べにいこう。

せっかくだから、一人50,000円くらいする料理を頼んで、経費で落とそう・・

交際費を使うと、税金は減るが、手元のお金はもっと減ってしまう

元々の利益が1,000,000円、税率が30%としましょう。

交際費を使わない場合、納税額は1,000,000円×30%=300,000円。

手元に残るお金は1,000,000円-300,000円=700,000円となります。


今度は、交際費を使った場合、元々の利益1,000,000円から食事代50,000円×2名=100,000円を引くと900,000円

税率が30%だとすると、納税額は900,000円×30%=270,000円(※法人の場合は、交際費の一部が経費になりませんので、納税額はもう少し増えます)。

手元に残るお金は900,000円-270,000円=630,000円となります。


結局、手元に残るお金は、交際費を使ったほうが70,000円少なくなってしまいます。

考えてみれば当たり前です。

交際費を100,000円増やした一方で、納税額は30,000円しか減らないのですから、お金は減ってしまうのです。

税金が減らないとしても食べに行ったの?

交際費を使った節税、というのは、節税策という面から見ると、完全な「失敗策」です。

なぜなら、税金を30,000円減らすために、支出を100,000円増やしているからです。

税金は減っていますが、手元のお金が大きく減ってしまっています。

こんな節税はダメ節税 目次
初心者によく相談されるが、全然意味のない節税策
税金は減るが、あなたの手元のお金はもっと減ってしまうダメ節税策
本当に意味があるの?微妙な節税策
お問い合わせ

お問い合わせはこちら


メニュー
初心者にありがちな発想ですが税金は全く減りません
税金は減るが、あなたの手元のお金はもっと減ってしまうダメ節税策
本当に意味があるの?微妙な節税策
節税コラム
[an error occurred while processing this directive]