@節税 >ダメな節税-在庫を前倒しで購入する

利益が出そうなので、在庫を積み増すと

期末が近づいてきた。

利益が出そうだ。

どうせ、税金を払うくらいなら、いずれ必要になるものを先行して買おう。

必要なものといえば、なんといっても在庫だ。

よし、来期以降に必要になりそうな在庫を先行購入しよう!


お客様から何回か、相談を受けた事例です。

ですが、在庫を先行購入しても全く節税効果はありません

なぜなら、在庫を購入しても、その在庫が第三者に販売されるまでは、その購入代金が経費にならないからです

ですので、在庫を前倒しで購入しても、節税効果は全くありません。


節税効果はない上に、在庫リスクが増す

節税効果がない、とはいえ、前倒し購入した在庫が無事に無くなれば、大きな問題にはなりません。

必要なものを早いタイミングで購入しただけですから、長い目で見れば、在庫が無事に消化できさえすれば、損得は0となります

そういう意味でいうと、無駄遣いをして節税をするよりは、よほどマシなお金の使い道だといえます。


ただし、在庫を必要もないのに、先行購入したことに伴い、在庫が売れ残る可能性は高まります。

その結果、仕入代金を下回る金額で販売せざるを得ない、あるいは、廃棄せざるを得ない、ということになると、その支出は全くの無駄に終わります。

在庫を積み増す必要がないのに無理に在庫を購入してしまったことで、余計な在庫リスク(=万が一売れ残った場合に、その在庫が無駄になる危険性)が生じてしまうのです

そう考えると、無意味な在庫積み増しをすべきでないのは、言うまでもありません。

こんな節税はダメ節税 目次
初心者によく相談されるが、全然意味のない節税策
税金は減るが、あなたの手元のお金はもっと減ってしまうダメ節税策
本当に意味があるの?微妙な節税策
お問い合わせ

お問い合わせはこちら


メニュー
初心者にありがちな発想ですが税金は全く減りません
税金は減るが、あなたの手元のお金はもっと減ってしまうダメ節税策
本当に意味があるの?微妙な節税策
節税コラム